定期テストで更なる結果を出すために必要なこと。

最終更新: 2018年9月14日




中間前からフジアカデミーに在籍し、

2度の定期テストを受けたほとんどの生徒が

前年度より1学期中間、1学期中間より期末、と

2回とも点数を伸ばしました。



これは、学習のやり方がわかるようになり

家庭での学習精度が高まったためです。



通常、塾に入って1回目の定期テストで

成績を上げるのは難しくはありません。



以前よりも、勉強時間が確保されるためと考えれば

おわかりいただけるかと思います。



むしろ、塾で勉強をすることが定着してからの

2回目以降の定期テストの結果を上げられるかどうか。

それがなかなか難しいのです。



フジアカデミーでは、LINEで家庭学習の指示を出し、

わからない問題やつまづいている部分には

ひとつひとつ解説を加えます。



「どうせ先生に見られるわけじゃないから」と、

適当にやることができないため、結果的に学習精度が上がります。



また、気を引き締めて解くことで

間違えた問題にも丸をつけてしまう、

途中式を省いて答えだけ書くなどの

精度の低さによるうっかりミスが減り、正しい解き方が定着します。



また1度の授業で、2日分の宿題を出しています。

1回目は授業の翌日。

2回目は翌週の授業の前日です。



月曜に授業を受けたら、火曜・日曜に宿題をやるのです。

2度、似たような問題を解くことで

定着をはかっています。





LINEによる家庭学習管理は膨大な時間を要しますが、

それだけの労力をかける価値はあります。



クラス内の学力がバラバラでも

その子に合わせた指示が出せれば

全員の点数を上げることが可能です。

(その証拠に、中1~中3まですべての学年に

 1桁の順位の子がいます。)



テスト前の土日に

塾に生徒を集めて勉強させるよりも

日々、コツコツ勉強して定着させていく方が

何倍も子どもたちのためになります。

(と言いつつ、土日も呼びます!)



また

「宿題をやる日数が多いので家庭学習が定着してきた!」

「子どもが頑張っているのがわかって嬉しい」

とのお声もよく聞かれます。



中には


「子どもと一緒に解いたけれど説明ができなかった、

 そんな風に解けばいいのですね!」


というお声も。

お子さまの宿題が、ご家族の会話の

きっかけになっていることを嬉しく思います。



自己分析をして何をやるべきか考えられるようになることや

自分で、時には家族と、家庭で勉強する習慣が身につくことは

高校入試以降の人生に、必ず繋がっていきます。


ご自宅でどのように勉強させたらいいかお困りの方は、

ぜひフジアカデミーへお越しくださいませ。




本日・明日はブログ更新はお休みさせて頂きます。

残りの2連休、皆様も素敵な時間をお過ごしくださいませ。

(フジアカ生の中1・2は、月曜は授業がありますのでお間違えなく!)


0回の閲覧